DEADSTOCK 80~ 90's Vintage Reyn Spooner Shirt Made in Hawaii デッドストックヴィンテージ レインスプーナー シャツ コレクション

こんばんわ。温故知新の後藤です。


この度BLOGを新調致しました。ブックマークをしていただいている皆様、何卒ご変更頂ければ幸いです。

やはり不慣れなだけって、UIにはかなり四苦八苦させられております…。しかしながら慣れればこちらのほうが更新がスムーズにできそうです。6月、7月と共にBLOG更新が大分におろそかになってしまいましたが、挽回してまいります。


それでは早速に商品紹介を。

前回ご紹介しましたハワイアンシャツ、早速にご好評いただきありがとうございます。


今回はアロハシャツの名門、REYNSPOONERから札の付いたデッドストックコレクションのご紹介を。

Reyn Spooner

1962年にハワイ発祥のライフスタイルブランドとして、紳士服店を営んでいたReyn McCULLOUGH(レイン・マッカラー)とサーフトランクスを展開していたRuth SPOONER(ルース・スプーナー)が共同で創設したアパレルブランド。

1964年に洗いこむことによって風合いの増すポリコットンのレインスプーナークロスを発案し、ブランドのアイコニックモデルを確立しました。 1966年にはクールビズの原型とも言えるアロハフライデーが制定され、アロハシャツがハワイにおけるビジネスウェアとしてカルチャーを定着させるなど、ファッション界における画期的なアプローチの成功を収めたアメリカを代表するアパレルブランドです。

JOE KEALOHA'S(ジョー・ケアロハス)という、テキスタイルデザイナー(?)と思われるアーティストとのWネームモデルからの一着。このモデルは90’sに展開していたモデルにて、Rayn Spoonerのインラインとは異なるビビットなカラーリングのデザインが目を惹くコレクションを展開していました。

植物と花模様が描かれたエキゾチックな柄模様が映える一枚。柔らかくてろっとした肌触りのレーヨン100%のファブリックを採用。涼しげな印象で着用出来、リラックス感のあるドロップショルダーのゆったりとしたラインを描きます。


169cm 58kgのスタッフ(普段メンズのSサイズ着用)でSサイズながらもゆったりとしたシルエット。レーションならではのドレープ感が涼しげな印象ですね。


着用アイテムはこちら。


そしてDEADSTOCKからはもう一枚、


80年後期に生産されたラインアップに見受けられるダイアモンドヘッドタグの逸品。

キリンや像などのサファリテキスタイルによるハワイアンテイストとは変わった印象による一枚。このデザインもReyn Spoonerらしさを感じさせないデザインではないでしょうか。こちらはさらりとした肌触りのコットン100%。

169cm 58kgのスタッフ(普段メンズのSサイズ着用)でLサイズならではなかなりたっぷりとしたオーバーサイズ。ですがだらしなさのない、夏らしい雰囲気で纏えます。175~180cmの方にも問題なくご着用いただけます。


着用アイテムはこちら。


是非お好みの一枚をお試しください。


お支払いは、店舗販売につきましてはVISA, MaterCard, Amex, JCB, Diners, Discover各社がご利用頂けます。

※店舗及び商品のお問い合せは常時ご対応させて頂きます。下記よりご連絡ください。

Mail:onkochishin.jp@gmail.com

Tel:043-355-5006

Address:260-0021 千葉県千葉市中央区新宿2-16-19 ソリッドリファイン103

千葉市のヴィンテージ取り扱いセレクトショップ 温故知新 -Onkochishin- 通販サイトはこちら


64回の閲覧0件のコメント