John Lobb City Suede Leather Made in England ジョンロブ シティ スウェード

John Lobb

1866年、ジョンロブがイギリスに工房を開いたことから始まります。オーストラリアでも靴職人として名声を得ていた彼は、工房を設けてまもなくイギリス王室ご用達の靴職人となりました。現在は工房がロンドンのJohn Lobb Ltd.と、1976年に閉鎖したパリの工房をエルメスが継承したJohn Lobb SASの2つが存在しています。
ジョンロブが手掛ける革靴は、その美しいステッチラインとこだわり抜かれたレザーの選定から、世界で最も品質の高い靴の一つとして評価され、200年近く継承され続けた普遍的な工程作業は多くの革靴のファンを魅了し、憧れの一足という地位を築きました。

John Lobb Ltd.は、英国のエディンバラ公およびウェールズ公によるロイヤルワラントが授与されていいます。
 

John Lobbを代表するストレートチップモデル"City"。 最もベーシックであり、最もオーソドックスなスタイリングのCityはシチュエーションを選ぶことなく完璧な足元を演出してくれる、内羽根ストレートチップにおいて世界標準とも言える地位を確立しています。

毛足が長く滑らかなスウェードレザーが、きめの細かいビロードのような表情を持つ一足。

内羽根式(バルモラル)のドレスシーンにも最適な上品な出で立ちは、深みのあるダークブラウンのスウェードと、鈍く光るステッチワークの映える、ジョンロブならではの美しい雰囲気を纏います。

軽量で柔らかい包み込まれるようなフィット感と、そこに付随する歩行の心地良さ、そしてアウトソールにはイギリスならではのダイナイトソールを用いた耐水性と耐摩耗性に優れた実用性を備えます。


ジョンロブのラストの原型と言われる8695番を用いた、捨て寸がやや短め のクラシカルなシルエット。

アイレットはクラシックな5穴ブラインドアイレットを採用し、履き口のトップラインから垣間見える、アッパーレザーとライニング、そして芯となるレザーの3枚構成による堅牢なレザーの厚みを備えた一足です。

 

Blogでも紹介しております。(スタイリングもご覧いただけます。)

表記:7 (US8 27cm)

WIDTH: E

ラスト:8695

アウトソール全長:29.5 cm

最大幅:10 cm

ヒールカーブ:6 cm

¥135,000価格

※お支払い方法

ショッピングカートの「レジへ進む」をクリックするとクレジットカード支払いが可能です。VISA、American Express、MasterCard、がご利用頂けます。

Paypalアカウントをお持ちのお客様は、ショッピングカート内から「Paypal」を選択頂きますと、上記3社に加えJCB、Discoverでのお支払いもご利用いただけます。

© 2017 Onkochishin with Wix.com

  • Black Facebook Icon
  • Black Instagram Icon