50's Vintage British Military No1 Dress Trousers Side Line イギリス軍 セレモニードレストラウザース



こんばんわ。先日instramとyoutubeにてご挨拶をさせていただきましたが、当店温故知新は9月19日6周年を迎えさせていただきました。




昨年の一つの節目である5周年から早くも1年が経ち、本年も既存の顧客様方、友人、そして新規のお客様のご愛顧により温故知新を支えていただきました。心より御礼申し上げます。


19日のタイミングにてBLOGも更新しながらご挨拶をいたいところではありましたが、只今引っ越しに伴いまして私事があまりにも煮詰まってしまい、いろいろな部分にリソースが足りておりません…。


先日よりスタッフが加入しておりますが、彼が居なければ本当に何もできませんね…ありがたいことです。


さて、秋も深まり9月も下旬、間もなく10月を迎えては本格的な冬支度となる方も多いのではないでしょうか。


本日は当店お馴染み、British MilitaryからVintage Trousersのご紹介です。



1956年製のイギリス軍の式典やパレードなどの楽奏隊、宮殿近衛兵などに支給されていたとされるNo.1 Dress Trousers。


CAVALRY PUTTERNという記載があることからセレモニーにおけるユニフォームラインと思われます。



タグラベルを見るとO.R.という表記がありますが、こちらはOther Rankの略称とされており、イギリスの陸海空とそのほかの各軍部隊において、階級の上下によって特徴的な要素をなさず統一したデザインのユニフォームという意味だそうです。



ウィリアム王子婚礼の際には、ヘンリー王子もこちらのトラウザーズを着用しておりますが、




こちらの一般兵民も同トラウザーズを着用をしていることから、職位に関係なく支給し履かれるボトムス、という背景が伺えます。




目を惹くサイドのテープラインは、厚地のフェルトが縫い付けられたコントラストの映える一本。ブラックに近しい深いダークネイビーカラーのメルトンファブリックを採用した高い保温性と上品な光沢感を演出する逸品。





フロントはボタンフライ、サイドテープに沿ったスラッシュポケット、ベルトループはなくウエストのサスペンダー用のボタンを備え吊り下げによって着用されるクラシカルなデザインです。吊り下げ式に伴い後ろはハイバック仕様となりタキシードスラックスのようなラグジュアリーな雰囲気を備えます。


シルエットは裾にかけてテーパードがかかった細身の綺麗なラインを描きます。



裾の縫い付けがされていないため、裾が伸びきってしまう点とまた部分に保管時による小穴が見受けられました、着用感の見られない非常に綺麗な個体です。




169cm 63kgのスタッフ(普段30 ~ 31 inch 78-80cmサイズを着用)でハイウエストで着用してトップボタンがギリギリ締まるサイズでした。普段28~29inchを着用される方、女性の方にもおすすめのサイズ感です。 こちらのパンツ、裾幅が20cmと非常に狭く、テーパードがより強調された美しいシルエット。ミリタリーアイテムというよりはテーラーに基づいたボトムスアイテムといった印象ですね。



着用アイテムはこちら


そしてこちらの色違いのアイテムも





同じくNo.1 DressからYellowのサイドテープが意匠された一本。年代は55年製造です。




ディティールは先のレッドラインと同等ですが、シルエットは太目となりMilitary Trousersらしいゆったりとしたシルエットにゆるくテーパードのかかったラインを描きます。





清算はJohnhammond & Co Ltdという表記があり、こちら調べてみたのですが




1880年に創業し1940年にクローズしたユニセックスとボタン生産業のメーカーという情報と、




片や、1870年創業し、1897年に法人化したという記載のある情報が出てくるのですが、40年にクローズしていた場合50年製というエビデンスが取れないため、詳細は謎のまま...。

こういった拝啓を探るのは面白味に溢れますが、なかなか詳細が掘り着れないのももどかしいポイントところではありますね。





169cm 63kgのスタッフ(普段30 ~ 31 inch 78-80cmサイズを着用)でハイウエストで着用してウエストに程よくゆとりのあるサイズ感です。コットンニットをタックインにしてもゆとりがあるので、同体系の方であればタックインも楽しみやすい個体です。


REDと比べて太さがあり、これくらいのシルエットが気分の方も多いのではないでしょうか。


着用アイテムはこちら。



そして上記のサイズ違いとなるのが、




1957年製となる個体のこちら。




ディティールと製造メーカーも同じですが、サイズがこちらのほうが小さめ。RED LINEに近しいサイズ感と思います。





サイズラベルの隣にはステンシルの記載が入ります。こちらは上記2点にくらべて一番にコンディションの良い逸品。着用感の無さはもちろん、生地やサイドのイエローフェルトも綺麗な発色が成されたDEADSTOCKとも言える個体です。



さて、このイエローラインを備えた一本、採用実績を色々とさぐってみたのですが、どういったシチュエーションの中で着用されていたのかがわからず、詳細が不明です。

CEREMONYであることは間違いないと思うのですが、シチュエーションがわからないまま…。もしご存じの方いらっしゃいましたらそ教えてください。




先の1本と比べて着丈が短く8~9分丈ほどの長さで着まわせる個体です。短めのレングスは太目のシルエットが活かせた雰囲気を演出できる魅力がありますね。こちらもおすすめの個体です。


トラックパンツのような風合いながらも、バックボーンはVintageという現代的なアイテムの一本と思います。

是非この機会にお試しください。





お支払いは、VISA, MaterCard, Amex, JCB, Diners, Discover各社がご利用頂けます。

オンラインストアではコンビニ決済、キャッシュレス決済(PayPay、LinePay、メルPAY)、銀行振り込み、PAYPAYよりお選びいただけます。

※店舗及び商品のお問い合せは常時ご対応させて頂きます。下記よりご連絡ください。

Mail:onkochishin.jp@gmail.com


Tel:043-355-5006

Address:260-0021

千葉県千葉市中央区新宿2-16-19 ソリッドリファイン103


千葉市のヴィンテージ取り扱いセレクトショップ 温故知新 -Onkochishin- 通販サイトはこちら


閲覧数:9回0件のコメント