PSYCH.LONDON

ブランドスタート時、カラーリングはブラックとオリーブグリーンの2色で作られました、それらはバーブァークロスというバックボーンとスタンダードなブラックは「合わせやすさ、そしてアウトドアルックスに取り入れやすい色合いとすうてピックアップしました。しかし、ラスタカラー、そしてオレンジはアレックのフェイバリットカラーとしてインナーに取り入れられるようになりました。この配色は表地のダークトーンと内側の発色による美しいコントラストを生み出します。


彼らが正しいか間違っているかにかかわらず、同様のプロセスは確かに物事との関係を崩れてしまった。一度私たちが何年もバッグ(またはコートやナイフやバケツ)を保管していて、それが私たちの過去の物語を保持するようになったところで、今はまだ幼少期にある間に物事に飽きたり成長したりします。そして、物を固定して世話するのではなく、私たちはそれをはぎ取って店に戻って、私たちが理解していない方法で作られた大量生産の代替品を購入する。

ファーマーは、鋳鉄製のキッチンとランドローバーのディフェンダーを、所有者のほんの少しのメンテナンスのために作られたものの他の例として挙げている。 「過去には、今のルールを守る基準とは異なる基準がありました。コストについてはあまり騒がれず、製品の長期的な要素についてもっと騒がれました。現代の文化の中で失われてしまった。

「間違ってはいけない、私は他のみんなと同じように安い商品を使っているが、これまでのように長寿を大切にしていないのはちょっと残念だ」

 

Official Site:http://psych.london/

Facebook:https://www.facebook.com/psychclothing/

Instagram:https://www.instagram.com/Psychlondon/

Twitter:https://twitter.com/PsychLdn

 

© 2017 Onkochishin with Wix.com

  • Black Facebook Icon
  • Black Instagram Icon